タトゥー タトゥーの歴史

タトゥーの歴史

数多くの呼び名で表現されるタトゥー、日本においては
「入れ墨」「紋々」の方が聞き慣れていると思います。

 

 

日本におけるタトゥー(刺青)の歴史を辿ると、太古の昔
縄文時代にまで遡ると言われ、縄文時代の日本は世界的に
見ても高いレベルの刺青文化を誇っていたとされています。

 

 

縄文時代の発掘品として有名な土偶の模様が、古い時代の
タトゥーを思わせる模様からそのように推察されています。

 

 

また、身分証明書などの自分の地位や身分を証明する物が
ない時代においては、そのタトゥーのデザインやサイズによって、
その身分を証明していたとも言われています。

 

身分証明のタトゥー

 

タトゥーの身分証明における有名な例では、部族や民族で
共通デザインのタトゥーを体に彫り込んでいた住民習俗としての
歴史や、ナチスの親衛隊が負傷時に優先的に輸血を受ける
ための目印としてもタトゥーが使われていました。

 

タトゥーの目的

タトゥー(刺青)の文化は上記のように身分を証明する手段の
一つとして、受け継がれてきた歴史もありますが、その他にも

 

  • 漁師の身元判定のため(海難事故など)
  • 犯罪者への刑罰と識別(罪のレベルなど)
  • ファッション(ヒッピー文化の一つ)
  • 性的装飾(性的興奮を煽るため)
  • 美容目的(皮膚の疾患などを隠す)

 

など、様々な文化と歴史を持っています。

 

 

このような歴史を辿りながら、現代においては”ファッション”として、
特に若者の間で気軽にタトゥーを入れる文化が根付きつつあります。

 

現代におけるタトゥー

日本の文化的経緯上、タトゥー(刺青)にはあまり好意的とは
言えません。刺青を連想して最初に出てくるイメージなどは
誰もが同じだからではないでしょうか?

 

 

しかし、その反社会的なシンボルともされてきたタトゥー(刺青)も、
気軽なファッションの一つとしてカジュアル化が加速し、消したい
と思っても簡単に消せないファッションであるにも関わらず、安易に
タトゥーを彫る時代に入りました。

 

現代におけるタトゥー

 

そしてファッションとして気軽にタトゥーを入れる若者が増加し、
中には入れてみたものの後で後悔する若者も少なくありません。

 

 

タトゥー(刺青)が反社会的なシンボルとしての偏見はもう古い
考え方かもしれません。しかし、一度入れてしまうと簡単には
消すことができない危険性は認識しておくべきだと思います。

 

 

気軽に入れることはできますが、消したいと思っても簡単に
消すことができないのがタトゥー(刺青)なので、ファッション感覚で
入れることを否定しませんが、よく考えてから入れることが望ましいです。


和彫りとは?

洋彫りとは?

タトゥーに関する法律

私も入れてみたかったですが・・・

タトゥーを消したいTOP