タトゥー 風呂

お風呂やサウナに入れない

刺青やタトゥーが入っていることで一番敬遠される
公共施設がこのお風呂とサウナでしょう。

 

タトゥー刺青お断り

 

タトゥーを消したいと思った人の中には温泉やサウナが
好きな人も多いはずです。家族や恋人と気軽に楽しめる
場所が制限されてしまうのはタトゥーのデメリットです。

 

 

ちょっと昔の銭湯であれば逆に刺青を入れた人達の
方が多かったような気もしますが、時代の流れで刺青や
タトゥーお断りが一般化されつつあります。

 

なぜ入場させてもらえない?

タトゥーや刺青がお風呂やサウナ、プールなどで敬遠される
一番の理由は”アウトローなイメージ”でしょう。やはり刺青や
タトゥーには嫌悪感と恐怖感がつきまとうのです。

 

 

若者の間ではファッションとして定着しつつあるものの、やはり
伝統的に見た場合は”アウトローなイメージ”が拭えません。
偏見や差別だと言っても通用しないのが現実です。

 

 

実際には施設への入場時にタトゥーや刺青のチェックなどは
行われていません。しかし、お風呂に入ってから他のお客さん
からの通報を受けて、途中退場させられるバツの悪い気分に
なってしまうことも多いのです。

 

 

そんな時、タトゥーを消したいと思うことが多いのです。
自分はアウトローではないと思っている人は特にそう
思うことが多いでしょう、ファッションなのに・・・と。

 

お風呂

一部ではOKな施設も

まだ全国を探せばタトゥーや刺青が入っていても入場が
可能な施設もあります。

タトゥー・刺青でも利用できる施設

 

 

また、タトゥーなども小さい絵柄であればテーピングや
専用のファンデーションで隠しながら施設を利用する
ことも可能です(100%ではありませんが)

 

 

しかし社会全体の流れからすれば、今後はさらにタトゥーや
刺青が入った人の入場は制限される可能性が高まります。

 

 

大阪市長の橋下徹さんの、市職員へのタトゥーに関する
勧告なども追い風になっています。

 

 

自分ではファッションとして楽しんでいるつもりでも、周囲の
目線は全ての人がファッションとして認識してくれるわけでは
ありません。

 

 

入れるのは簡単ですが、タトゥーを消したい場合は簡単に
消せないので、このようなデメリットもしっかりと理解しておく
ことが大切です。


タトゥーは消しにく

病院に行けない?

就職試験にマイナス

他人からの目線

生命保険に加入できない?

タトゥーを消す費用が高い

タトゥーは短期間では消せない

タトゥーを消したいTOP