タトゥー 就職

就職試験に悪影響

海外の一部ではタトゥーが入っていても就職に関して、
マイナスに評価されない国もありますが、こと日本に
おいては多くの場合でマイナス評価になります。

 

 

特に身なりに厳しい業種である接客業においては、
その傾向も強く、ホテルや銀行など堅い職場での
採用は必ずと言っていいほど見送られるでしょう。

 

就職試験にマイナス

 

警察官や自衛隊など規律の厳しい組織では特に
タトゥーや刺青は採用NGです。身体検査で厳しく
チェックされ、刺青が確認されると他の試験成績が
どんなに優秀でも即失格です。

 

 

どうしても警察官や自衛官になりたい場合は、
タトゥーを消してから試験を受ける必要があります。

 

差別では?

一言でいってしまえば差別です。しかし、日本の
風潮からすればこれが覆すことは難しいでしょう。

 

 

言い方は悪いですが日本は差別的な国であることも
否めません。少し擁護した言い方をすれば島国根性
だから仕方ないと言っておきましょうか。

 

 

島国のように外との交流が少ない環境における価値観は、
偏りやすいため仕方ありません。日本も大陸の一部で他の
民族との交流が盛んであったならまた違ったかもしれませんが。

 

 

就職試験のためにタトゥーを消したいと思っても、その時までに
間に合う保証はありません。タトゥーを消すには時間と費用が
かかるため、就職試験を控えた学生は入れるべきではないでしょう。

 

運良く就職しても

就職試験に身体検査が含まれている会社は少ないので、
上手に隠せば就職することも可能です。しかし、その後も
弊害は必ずつきまといます。

 

 

定期的な健康診断をはじめ、新入社員研修が宿泊を
伴う場合など、タトゥーが入っていることがバレてしまう機会は
就職後にも多くあります。

 

 

タトゥーを彫っているのが見つかってしまえば、酷い場合は
会社を解雇されることもあるかもしれません。運良く解雇は
なかったとしても重要なポジションへの昇進などは見込めません。

 

 

たまたま入社した会社が偏見のない会社で、完全実力主義
であれば問題ありませんが、そのような会社は日本ではごく
一部でしょう。

 

 

もしあなたが学生で就職試験を控える身であれば、
タトゥーを消そうと思ったその瞬間に行動を起こしてください。

 

 

人生を決める試験の日までに、あなたの実力以外の部分で
足を引っ張る刺青とは縁を切る必要があります。残念ながら、
タトゥーがプラスの評価を受けることはありません。


タトゥーは消しにくい

病院に行けない?

お風呂やサウナに入れない

生命保険に加入できない?

タトゥーを消す費用が高い

タトゥーは短期間では消せない

トップページへ