タトゥー 消したい デメリット

タトゥーは簡単に消せません!

任侠道における刺青は、自分が背負う意気込みを
柄にして体に刻み込みます。当然、一生背負うもの
として簡単には消えないように刺青を使用するのです。

 

 

タトゥーは任侠道における刺青ほど意気込みを
背負って入れるわけではありません。

 

 

しかし、技法は全く同じであるためタトゥーを消したい
思っても簡単に消せないのは刺青と同じです。

 

タトゥー消せない

消すには大きな費用も・・・

気軽に入れることができるタトゥーも、今度は消したい
と思って美容外科を訪れた時、そのタトゥー除去に
かかる費用を見たら驚くことでしょう。

 

 

タトゥーの除去法によっても費用は違いますが、
平均的に1cm四方のタトゥーや刺青を消す場合で
1万円〜2万円が相場です。

 

 

タトゥーや刺青は

 

入れるのは安いが

 

消すのは高い

 

 

タトゥーを消したい場合は、医療的手段を使うため
どうしても費用が高くなります。(厳密に言えばタトゥーを
入れる行為も医療的な行為です)

 

タトゥーに関する法律

 

消しても傷跡が

タトゥーを除去するために医療的手段を使っても、

 

 

多かれ少なかれ

 

 

  体には傷跡が残ります。

 

 

レーザーによる除去法では火傷のような傷跡が残る
リスクが高まり、皮膚の切除法でもメスで切った跡や
縫い合わせた跡も残ります。

 

 

また、これらのタトゥー除去の処置が完了するには
多くの時間もかかるため、お金と合わせて時間的な
コストもデメリットと考えるべきです。

 

 

働いている人は忙しい時間を裂いて通院しなければ
いけません、予約も自分の都合の良い時に取れる
ことばかりもありません。

 

簡単に消せないデメリットを理解してから

このようにタトゥーを消したいと思っても、簡単には
消すことができないのが墨を入れるデメリットです。
本来は消すことを前提にして入れる物ではありません!

 

 

任侠道においては生き様を、部族などにおいてはその
識別を兼ねて、簡単に消えることがないように皮膚の中に
墨を入れて彫られるものが刺青でありタトゥーなのです。

 

 

だからタトゥーは消すことが

 

 

  前提ではないのです!

 

 

入れるのは簡単ですが消すのは大変であることを
理解して、安易にその場の勢いや周囲に流されて
刺青やタトゥーを入れないようにしましょう。


病院に行けない?

お風呂やサウナに入れない

就職試験にマイナス

他人からの目線

生命保険に加入できない?

タトゥーを消す費用が高い

どうしてもタトゥーを入れてみたい時は?

タトゥーは短期間では消せない

タトゥーを消したいTOP