タトゥー 消したい 偏見

他人からの目線

体にタトゥーや刺青を入れることで、他人のあなたを
見る目が必ず変化します。まだまだ日本ではタトゥーや
刺青と言った文化に対してネガティブなイメージが強いため、
偏見の目を避けることはできません。

 

 

タトゥーや刺青にはアウトローな不良や極道のイメージが
根強いため、あなたはファッションで入れたつもりでも、
他人から見るとそう受け止めてもらえない事実があります。

 

 

タトゥーを消したいと思っても簡単に消せないものなので、
入れる前に偏見の目に晒されてもポリシーを貫ける覚悟を
持ってからにするべきです。

 

中途半端な気持ちで刺青やタトゥーは入れるものではありません。
その筋では自分の生き様を背負う意味で刺青を入れると言います、
それくらいの覚悟を持つ自信がなければ入れない方が無難です。

 

付き合いにおける様々な弊害

就職試験などでマイナス評価を受ける他にも、様々な
人との付き合いの中でもタトゥーを入れることで弊害が
生まれます。

 

 

正月やお盆などで親戚家族が集まった時に、親戚なので
気を遣って表立っては言わないかもしれませんが、陰口の
ように話題があがる可能性は高いでしょう。

 

 

「○○さんの息子さんの体、見た?」

 

「ええ、何か凄い刺青はいってたねぇ」

 

「どうしちゃったのかしら?」

 

 

よくある会話だと思いますが、このような時は本人よりも
その家族の方に偏見のしわ寄せが集まることも多く、
大切な家族にも嫌な思いをさせる可能性があります。

 

 

またあなたに大切な人ができて、そのご両親にご挨拶に
向かう時にも弊害が生まれるでしょう。やはりタトゥーや
刺青に偏見の強い人が多いので、その親御さんも
偏見を持っている可能性は高いと思います。

 

 

このような偏見の目に晒されてからタトゥーを消したい
思うことも多いですが、まずはこのような弊害が起こることを
覚悟の上で、タトゥーを入れるならポリシーを持って入れましょう。
※タトゥーを入れることを推奨している訳ではありません。

 

 

体に墨を入れる行為がカジュアル化していく勢いよりも、
ずっと遅いペースでしかタトゥーや刺青のファッションとしての
文化的な認知は進んでいません。

 

 

また社会生活を営む上で他人との接触は避けて通ることは
できません。タトゥーや刺青を入れてしまったことで今までの
お付き合いにも変化が現れることへの覚悟が必要です。

 

 

このように起こりうる様々な弊害を理解した上で、
確固たる信念とポリシーをもってタトゥーや刺青とは
向き合ってください。

 

 

タトゥーを消そうと思った時には心にも体にも、そして財布にも
大きな痛みが伴います。独りよがりで安易な考え方で入れるは避けましょう。


タトゥーは消しにくい

病院に行けない?

お風呂やサウナに入れない

就職試験にマイナス

生命保険に加入できない?

タトゥーを消す費用が高い

タトゥーは短期間では消せない

とある芸能人のタトゥー除去体験

タトゥーを消したいTOP