タトゥー 消したい 生命保険

医療保険に加入できない?

事故や病気など何かあった時に頼りになるのが
「生命保険」ですが、あなたの体にタトゥーや刺青が
入っていた場合、生命保険への加入を断られる
可能性が高まります。

 

 

保険の加入審査に落ちた時って意外と凹みます。
その原因がタトゥーだった場合はタトゥーを消したい
と思うことでしょう。

 

 

生命保険の審査を受けて加入を断られるケースとして、
加入希望者の職業が「危険職種」であるかどうかが
問われます。

 

 

危険職種とは、トラックの運転手やパイロット、警察官や
自衛官、極端な例で言えば格闘家などのスポーツ選手
危険職種に入ります。

危険職種一覧

 

スタントマン、カーレーサー、パイロット、
競馬・競輪・オートレース・競艇選手
建築業(大工・とび職など)、坑内作業者、
爆破・破砕器作業者、ダイビングなどのインストラクター
プロスポーツ選手(サッカー・野球・バスケットなど)、
警察官、消防署員、自衛官、
船舶乗務員、タクシー・トラックなどの運転手
格闘家(プロレスラー・ボクサー・空手家・相撲取りなど)

 

 

このような日常的に危険に晒されている職業の場合は、
生命保険への加入が制限されたり条件をつけられる
ことが多くあります。

 

タトゥーがあると危険職種?

ではなぜタトゥーがその危険職種として

 

保険加入に制限が加わってしまうのか?

 

保険加入できない

 

それは、暴力団に代表される”アウトロー”のイメージ
社会的に根付いていることが原因です。まず暴力団に
関して言えばそれだけで加入はNGです。

 

 

しかし、暴力団でなくとも入れているタトゥーの柄がそれを
連想させるような場合は疑われる可能性は高まります。

 

 

もうひとつのケースは、タトゥーや刺青を入れている人は
他の人と比較して”肝炎”などの感染症を患っている
可能性が高いため、生命保険への加入審査が厳しく
なる傾向があります。

 

 

最近ではタトゥースタジオも衛生面がしっかりとしているので、
タトゥーを入れる時の針の使い回しなどは皆無ですが、
何かあった時の支払い側となる保険会社は自社のリスクを
下げるため必ず加入審査で疑ってきます。

 

本当に加入できないの?

タトゥーや刺青を入れている人は保険に加入することが
できないのかと言えば、必ずしもそうではありません。

 

 

実際に多くの方がタトゥーが入っていながらも、生命保険に
加入されています。ただ、全体的に見て保障額が低い
種類の生命保険に偏っています。

 

 

高額保証の生命保険ともなると、加入時の審査が
相当厳しくなるため、タトゥーなどの刺青の類があると
加入が制限される可能性も高まります。

 

 

最近はタトゥーも徐々にですがファッションとして
認知されつつあるので、小さいものであれば
加入審査で問題となることは少ないです。

 

 

しかしながら高額保証の生命保険への申込みに
関しては、タトゥーや刺青が体に入っている場合、
プラスの査定になることはありません。

 

 

もしどうしても高額保証の生命保険に加入したい
場合は、タトゥーを消してから申込みを検討する方が
余計なストレスに晒されずに済むでしょう。

 


タトゥーがあっても生命保険に入れるかを
保険のプロに無料相談してみませんか?


タトゥーは消しにくい

病院に行けない?

お風呂やサウナに入れない

就職試験にマイナス

他人からの目線

タトゥーを消す費用が高い

タトゥーは短期間では消せない

トップページへ