タトゥー 消したい 費用

タトゥーを消す費用が高い

入れてしまうことで様々な弊害が生じるタトゥーですが、
そのタトゥーを消したいと思った時こそが最大のデメリット
を被る瞬間かもしれません。

 

 

タトゥーを入れる時の費用はそれほど高くはありませんが、
(大きさにもよりますが2〜3万円ほど)逆にタトゥーの除去
には高額な費用がかかります。

 

 

タトゥーを消したい時にまず訪れるのが美容外科クリニック
ですが、ここでの施術には医療保険が適応されません。
病気やケガによる治療ではないため実費診療となります。

 

 

目を二重にしたり脂肪を吸引したり、美への欲求を
叶えるための医療行為には医療保険が適応されません。

 

 

タトゥーや刺青を消す行為も、大きくジャンル分けすれば
美容分野となるため、医療保険の適応外です。

 

一体どれくらい費用がかかるのか?

タトゥー除去にかかる費用はその除去の方法やタトゥーの
大きさによって変わります。まずタトゥーの除去法は大きく
分けて以下の4種類です。

 

 

一般的にレーザーによる除去法が安いと言われますが、
大きさや治療の回数によっては費用が膨らんでしまう
可能性が高いです。

 

 

皮膚切除による方法でタトゥーを消したい場合は、
5cm×5cm四方で約200,000円〜300,000円もの
費用がかかります。

 

 

医療的に言えば皮膚切除法は手術となるため
レーザー除去法よりも費用がかかってしまいます。

 

 

剥削法はレーザーよりもさらに高額です。レーザでは
消せないタトゥーでも適応が可能なことと、皮膚を
削った後の衛生的な管理も含めて費用が高額に
設定されています。

 

 

そして一番タトゥーの除去費用として高額に設定
されている除去法が皮膚移植によるタトゥー除去法
です。他の部位から皮膚を切り取り患部に貼り付ける
作業が非常に大変であり難しいため高額になります。

 

タトゥー除去費用の相場

 

最大のデメリットを回避するために

タトゥーによって様々な社会的制約や偏見に晒された上、
タトゥーを消そうと思った時には驚くほど高額な費用
必要とするタトゥー除去。

 

 

タトゥーの最大のデメリットと言って間違いないでしょう。
このような事態を回避するためには、タトゥーを入れる
前にしっかりと考えて行動することしかありません。

 

  • なぜタトゥーを入れるのか?
  • タトゥーを入れる必要があるのか?
  • 自分の社会的環境に弊害が生まれないか?
  • 入れて後悔することはないか?

 

など、しっかりと考えた上でタトゥーを入れるならば
問題はありません。タトゥーを消したい場面に直面
することも少ないでしょう。

 

しかし、タトゥーを入れる前にもう一度、タトゥーを
入れることによって被るデメリットは全て確認してから
タトゥースタジオへ向かうようにしてください。


タトゥーは消しにくい

病院に行けない

お風呂やサウナに入れない

就職試験にマイナス

他人からの目線

生命保険に入れない?

どうしてもタトゥーを入れてみたい時は?

タトゥーは短期間では消せない

タトゥーを消したいTOP