タトゥー 消したい レーザー

レーザーによるタトゥーの除去の様子

タトゥーの除去法の中でも一番手軽な除去法が
レーザーによる処置です。何度か繰り返しレーザーを
照射することで色素を分解し抜いていきます。

 

 

レーザー照射によるタトゥー除去の様子

 

タトゥーを消したい時にレーザーで除去をするとこのような
感じで治療が進められます。タトゥーの絵柄をなぞるように
レーザーを照射して消していきます。

 

 

このレーザー照射時の痛みはチクチクと痛痒いような
感覚に耐えることが必要とされます。

 

 

どうしても痛みに耐え難い場合には患部に麻酔を
散布する処置もありますが、可能な限り麻酔に
頼らず頑張った方が良いでしょう。

 

 

処置の終了後は軟膏を塗ってクールダウンが行われます。
これを2〜3ヶ月毎に繰り返し、タトゥーを消していくのです。

 

 

レーザー照射を繰り返すことで色素がどんどん薄くなり、
タトゥーが消えていくのですが、カラフルなものや紺や黒で
あっても色が濃い場合や、皮膚の深い部分にインクが
染込んでいる場合は治療に時間がかかります。

 

 

若干、火傷のような感じになるためケロイド体質の人は
レーザー治療を受けるには注意が必要です。しっかりと
カウンセリングしてもらい、治療の方向性を決めましょう。

 

レーザー治療の経過

レーザー治療でタトゥーを消したい場合は継続的な
治療と、処置による痒みに耐えなければいけません。

 

 

レーザー治療の経験者の中で一番辛かった感想を
聞くと、施術中の痛みとその後の痒さでした。広範囲に
軽度な火傷を負っている状態に近いのです。

 

 

また経過が思わしくない場合も少なからずあります。
ケロイド体質であった場合はもちろん、墨が皮膚の
深い部分まで入っていた場合はなかなか消えません。

 

 

場合によっては途中でタトゥー除去法をレーザーから
剥削法に切り替えたり、皮膚移植に変更することもあります。

 

 

このようにタトゥーを消そうと思った時は大変な苦労が伴います。
金銭的にも肉体的にも、そして精神的にも大きな負担が
かかることは間違いまりません。

 

 

どうしてもタトゥーを消したい場合はそれに耐えるしか
ありませんが、このような事態になる前にタトゥーを入れる
デメリット
をよく理解しておきましょう。


レーザーによるタトゥーの除去法

皮膚切除によるタトゥー除去の様子

タトゥーを消すにはお金がかかる

部位別に見るタトゥーの消し方

どうしてもタトゥーを入れてみたい時は?

タトゥーを消したいTOP