タトゥー 和彫り

和彫り

日本の伝統的な刺青のことを和彫りと称されています。
和彫りの特徴はタトゥーのようにワンポイントでの刺青では
なく、体全体をキャンパスに見立てて広範囲にダイナミックに
描かれます。

 

和彫り
参照:http://image.search.yahoo.co.jp/

 

しかしそのダイナミックさとは裏腹に、衣服を着用している
時は刺青部分がスッポリと隠されて見えないように彫られて
いるところが、日本人らしい奥ゆかしさを感じさせます。

 

 

タトゥーに代表される洋彫りのように人目に触れるところに
彫るのではなく、隠された見えない部分に刺青を施すのが
和彫りの特徴でもあります。

 

和彫りの技法や名称

和彫りには様々な技法や名称があります。特に手彫りの
技術に関しては手先の器用な日本人なだけにクオリティも
高く、和彫りは芸術品とまで言われています。

 

手彫り

先端に針の付いたノミで墨を入れていく技法です。
墨を入れる場所に刺しては抜き刺しては抜きを
繰り返しながら刺青していく技法を「芋突き」と呼びます。

 

 

もう一つの手彫りの技法に「ハネ突き」と呼ばれるものがあり、
こちらは刺して抜くときに上方へ弾くことで刺青の墨を広げて
絵面に”ぼかし”の効果を与えます。

 

筋彫り

刺青における下書きのことを意味します。タトゥー用語では
アウトラインとも呼ばれています。まずは筋彫りを入れてから
”ぼかし”などの技法を使って色を入れます。

 

 

余談ですが刺青を彫るのはとても体に苦痛が伴うため、
この筋彫りの段階で挫折してしまう人も多くいます。

 

抜き彫り

別名を「旦那彫り」とも呼ばれています。抜き彫りとは、
背景となる墨は入れないままでメインとなる絵柄を彫る
技法で、出来上がると彫られた絵柄がとても際立ちます。

 

背景となる墨が入っていない分だけ全体的な迫力は
抑えることができるため、特に女性に人気の彫り方です。

 

額彫り

抜き彫りの周りを埋める刺青のことを言います。
主題となる抜き彫りに合った模様や図柄を周りに
散りばめて、抜き彫りを際立たせる技法です。

 

和彫りはこの抜き彫りと額彫りを合わせて体全体に
入れるパターンが多いです。

 

胸割り

別名を「深川彫り」とも呼ばれ、肩から胸にかけて
彫られる刺青のことを言います。胸の真ん中は
空けた状態で、大胸筋を覆うように入れられます。

 

「ひかえ」と「えぐり」と呼ばれる袖口のあたりから
腕の付け根までの部分に入れる刺青と合わさって、
上半身の全体がムラなく墨で覆われます。


タトゥーの歴史

洋彫りとは?

タトゥーに関する法律

トップページへ