タトゥー 消したい レーザー

Qスイッチルビーレーザー

Qスイッチルビーレーザーは、色素系皮膚疾患の
治療用レーザーとして美容外科で重宝されています。

 

 

お肌のメラニン色素に反応してそれを破壊するため、
その効果を応用してタトゥーを消したい時の除去法にも
レーザー治療として採用されています。

 

 

QスイッチYAGレーザーと混同されることがありますが、
ルビーレーザーの方がレーザーの出力が強いため
治療回数が少なくて済むメリットがあります。

 

ルビーレーザーは強力

Qスイッチルビーレーザーは出力が高く強力なため、
シミやソバカスなどの簡単なものであれば一度で
消すことができてしまいます。

 

 

しかし、その出力の高さから局所的に強い刺激が
加わるため、施術の後は絆創膏などを貼り続けな
ければいけません。

 

 

そしてもう一つ注意が必要なことが、レーザー治療には
よくあることですが「炎症性色素沈着」と呼ばれる反応で、
レーザーを照射した部分がさらに色素が濃くなる現象です。

 

 

日本人のような黄色人種タイプでは約4割くらいの人に
この炎症性色素沈着が発生します。

 

 

「タトゥーを消したいのに濃くなった?」

 

 

と思ってしまうかもしれませんが、ある意味において
必要な反応なので心配はありません。それを繰り返し
ながら色素は分解されていきます。

 

まとめ

QスイッチルビーレーザーとYAGレーザーのどちらが効果が
高いのか?と言えばルビーレーザーの方に軍配があがります。

 

 

しかし、両者の違いはレーザーの出力の高さにあります。
消したいタトゥーの墨の深さによってその出力はコントロール
されるので、出力の高さそのものだけを指標にできません。

 

 

あなたのタトゥーの墨の深さを的確に診断して、適切な出力で
レーザー治療をしてくれる先生が使用すればどちらのレーザー
でも効果は同等でしょう。

 

 

レーザー治療が適応されるタトゥーは色や大きさ、そして墨の
深さで決まります。皮膚の深いところまで墨が染込んでいる
場合は適応されないので、YAGレーザーやルビーレーザーで
あることを気にする必要はないでしょう。


QスイッチYAGレーザーってどんなの?

イースネイザーってどんなの?

その他のレーザー

トップページへ