タトゥー 消したい イースネイザー

イースネイザーってどんなの?

イースネイザー

ソフトクールライト光をタトゥー部分に
当てることで、真皮層に染み込んだ
染料を破壊・分解します。

 

 

皮膚のターンオーバー(新陳代謝)を
促して、分解された色素を真皮層から
表皮へと押し上げてタトゥーを薄する
画期的なレーザー機器です。

 

 

タトゥーを消したい時に、どうしても傷跡を残したくない場合には最適な除去法の
ひとつでもあります・・・が。

 

仕上がりが自然である

イースネイザーによるタトゥー除去法の特徴は、
施術後の仕上がりが自然であることです。

 

 

色素を分解して皮膚の表面へと押し出して、皮膚を
新陳代謝させることは至って自然なことであるため、
アフターケアさえ正しく行えば傷跡が残りません。

 

 

皮膚は常に新陳代謝を繰り返しており、表面に
押し上げられた皮膚は外からの刺激から体を守り、
その役目を果たした後に垢となって剥がれ落ちます。

 

 

この新陳代謝の原理を利用してタトゥーを消すので、

 

皮膚への負担が一番軽い

 

タトゥー除去法です。

 

イースネイザーのデメリット

皮膚への負担も少ないため傷跡の心配もない
イースネイザーですが、治療には時間がかかるのが
難点です。

 

 

タトゥーを消したいけど、特に急いでない場合には
イースネイザーでゆっくり治療するのも良いですが、
多くの時間を要することは理解しておきましょう。

 

イースネイザーを使用してタトゥーの除去ができるペースは、
2ヶ月に1回のペースです。年間でたったの6回しかイースネイザーは
照射できないため、タトゥーを消すには時間がかかります。

 

また、タトゥーの部位や期間によってはイースネイザーは
適応できません。

 

  • 目元や顔
  • 陰部
  • 1年を経過しない刺青
  • 金属系の染料

 

このような場合はイースネイザーの適応ができません。
また、真皮層よりもさらに奥の皮下組織にタトゥーの
インクが入っている場合も除去することができません。

 

 

イースネイザーによって新陳代謝が促され、
色素を浮かすことができるのは真皮層までなので、
皮下組織まで墨が入っている場合は新陳代謝による
色素の分解が難しくなります。

 

まとめ

体にかかる負担が少ない画期的なタトゥー除去法ですが、
消したいタトゥーが納得のできるレベルまで薄くなるには
相当な時間を必要とします。

 

 

タトゥーの除去は時間と回数がかかるほど費用も高くなり、
経済的にも厳しくなります。体への負担が軽いイースネイザー
ですが、回数がかさむため財布への負担は大きくなります。

 

 

また切除や剥削のように目立つ傷跡を残さず
タトゥーを消すことができるメリットは大きいでが、
基本的には医療機関ではイースネイザーは使用して
いないので、衛生面や最終的な完成度には不安
残ります。確実にタトゥーを消すためには医療機関への
受診をおすすめします。


QスイッチYAGレーザーってどんなの?

Qスイッチルビーレーザーってどんなの?

その他のレーザー

タトゥーを消したいTOP