タトゥー 消したい 部位

部位別にみるタトゥーの消し方

タトゥーは全身のどこにでも入れることが可能です。
しかし、入れた部位によってはタトゥーを消したい時に
思わぬ困難も起こります。

 

 

このページではタトゥーを入れている部位別に、
どのようなタトゥー除去の方法が適応されて、
どのような流れで治療が進むのか確認しましょう。

 

部位別タトゥーの消し方

一般的には手や腕、背中や腹部、太ももや足などに
入れることが多いので、それらの部位におけるタトゥーの
除去法を説明します。

 

手や足のタトゥーの消し方

手や足に入れたタトゥーを消す場合は、手や足の中でも
皮膚の薄い部分は確実に消すことが困難となります。

 

二の腕や太ももなど、皮膚に余裕がある部位では
レーザーによってタトゥーを消すことができなかったと
しても、皮膚切除や移植の手段を選ぶことができます。

 

しかし皮膚が薄い部分はその余裕が少ないため、
タトゥーの絵柄が大きい場合などは切除が難しく
治療が順調には進みません。

 

このような場合は皮膚移植によるタトゥー除去法
選択されることがあり、費用も少し高くついてしまいます。


胸部・腹部のタトゥーの消し方

腹部や胸部の場合は様々なタトゥーの消し方が
適応可能ですが、方法と治療は慎重に選ばなければ
後々大きな問題を抱えやすい部位でもあります。

 

レーザーによるタトゥー除去法を適応する場合が多いが、
部位的に服を着る安心感から派手なタトゥーを入れる
人が多いためレーザーが適応できない場合も。

 

その場合は切除法や皮膚移植が適応されますが、
皮膚が柔らかくデリケートであることから血腫やケロイド
などを形成しやすい危険性も。

 

また切除法による皮膚の引っ張りによって、女性にとって
大切なボディーラインやパーツ(乳首の位置など)の
アンバランスを起こす可能性にも注意が必要です。


背中

ワンポイントの小さなタトゥーを消したい場合ならそれほど
難しい部位ではありませんが、背中は面積が広いだけに
大きなタトゥーを入れてしった人も多いのでは?

 

まず最初に検討されるタトゥー除去法はレーザーですが、
背中のタトゥーや刺青は色素が深くまで入っている場合が
多く、レーザーでは最終的にキレイにならない場合もあります。

 

そのような場合は剥削法によるタトゥーの除去や切除法に
切り替えられます。しかし、背中はよく皮膚が動く部位でもあり、
術後の安静が難しい上にセルフケアも手が届きにくい部位です。

 

動くことで傷口が開いたりケロイドを作ってしまったり、
意外と問題が起こりやすい部位です。術後もしっかりと
ケアしてくれるクリニックを選ぶ必要があります。

 

まとめ

このようにタトゥーを消したい部位によって様々な特徴があり、
それらを考慮して最も適した除去法をカウンセリングで決定し、
場合によっては修正を加えながら治療を進めていきます。

 

 

大切な体ですからしっかり思いやり、

 

なるべく傷跡の残らない方法で

 

タトゥーを消すことをおすすめします。

 

 

豊富な経験と実績を持った信頼できる美容外科で、
先生と二人三脚でタトゥーの除去に取り組みましょう。


タトゥー・刺青でも利用できる施設

サロンでの除去は安全か?

最も確実なタトゥーの除去

トップページへ