タトゥー 消したい ヘナタトゥー

どうしてもタトゥーを入れてみたい時は?

若い時は流行りにも敏感で、身近な友人や知り合いが
タトゥーを入れていたりするとカッコよく見えたり、自分も
好奇心が出てきてタトゥーを入れてみたくなるものです。

 

 

しかしタトゥーを興味本位から気軽に入れることは、
やはりおすすめはできません。その気軽さ以上に
タトゥーや刺青で被るデメリットは大きいからです。

 

 

それでもファッションとしてタトゥーを一度は楽しんでみたい!
そう思う気持ちはわからなくもありません。

 

 

そんな時におすすめなのが”ヘナタトゥー”です。
タトゥーを消したい時は自然に待っていれば
消えていきます。

 

ヘナタトゥーとは?

ヘナとは乾燥した地域に自生する植物(木)の一種で、
その葉を乾燥させて粉にし、水に溶いたものをマニキュアや
頭髪などのお手入れに使用されていました。

 

 

このヘナと言う染料を使用して入れられるタトゥーのことを
ヘナタトゥーと呼びます。

 

 

ヘナタトゥーは普通のタトゥーや刺青と違って肌に延々と
残ることはありません。約1〜3週間の間に自然に薄くなり
肌から消えていきます。

 

 

ヘナタトゥーの本場はインドです。インドにおいて結婚をする
女性が幸せな結婚生活を送るための願いを込めて、その
模様をヘナタトゥーで表現します。

 

ファッションのつもりならヘナタトゥーで!

あなたがファッションとしてタトゥーを楽しみたいならヘナタトゥーが
おすすめです。タトゥーを消したいと思った時に、本当のタトゥーを
入れてしまった場合は費用も時間も体にも負担です。

 

 

しかし、自然の染料であり薬としても使用されてきた歴史のある
ヘナタトゥーの場合は、そのペイントの行い方でタトゥーが消える
期間も設定することが可能です(個人差はあります)

 

ヘナタトゥーが肌に残る期間を決める要素

  • 体の部位や肌質
  • ペイント時間
  • ペイント時の湿度と気温
  • 洗い流す回数

 

このようなヘナタトゥーの作業過程において自然に消えていく
おおよその期間が決まってきます。

 

 

ヘナタトゥーとは言えども、体に模様がある場合は温泉施設など
入場を断られるケースはあるでしょう。(シールでも断られるため)

 

 

何週間か先にそのような予定が決まっている場合などは、
その頃にはタトゥーが消えるように設定してヘナタトゥーを
楽しむこともできます。

 

(注)時間が過ぎることで自然に消えていくはずのヘナタトゥーが、
人によってはなかなか消えないこともあります。ヘナタトゥーを楽しむ時は、
肌質に合わせて染料を調節しましょう。

 

まとめ

タトゥーを消したい局面を迎えた時、多くの人がタトゥーを
入れたことを後悔しています。

 

 

気軽に入れることができる反面、気軽には消すことができない
側面も持ち合わせていることを正しく理解してください。

 

 

もしあなたがタトゥーに興味を持ち、ファッションとして楽しみたい
場合は、まずヘナタトゥーを試してみませんか?

 

 

ヘナタトゥーとは言え実際に入れてみると周囲の目は必ず
変化します。その変化する目を予め体験しておくことも
タトゥーを入れてから後悔しないための手段だと思います。

 

 

少なくともタトゥーを気軽に楽しみたいだけであれば、市販されている
ヘナタトゥーのキットでファッションタトゥーを楽しむようにしましょう。

 

※ヘナタトゥーでも使い方によっては消えるまでに非常に時間が
かかる場合もありますので、使い方をよく確認してから行いましょう。
不安な場合は専門店で施術してもらうようにしましょう。


タトゥーでも利用できる施設

タトゥーを安く消す方法

タトゥーを入れると就職できない?

タトゥーは痛い

タトゥーを消したいTOP