タトゥー 消したい アレルギー

タトゥーによるアレルギー

タトゥーがファッションとして世間に広がる一方で
あまり着目されていない事実が”アレルギー”の発症です。
タトゥーを入れるデメリットの一つとしてアレルギーに関しても
正しい理解が必要です。

 

 

現代においては何かしらのアレルギーを抱えて生活している
人が多く、たとえ症状が出ていなくともタトゥーを入れたことが
引き金となってアレルギーを発症する危険性があります。

 

 

タトゥーによるアレルギーの原因(アレルゲン)は刺青に使う
インクです。その成分が鉱物であり酸化鉄成分に体が反応して
アレルギー症状を引き起こします。

 

 

ネックレスやピアスなどを身につけることができない
”金属アレルギー”の人なんて完全にドボン・・・ですね(-.-;)

 

 

そうでなくとも人間は生活の過程で体質が変化していくもの、
タトゥーを彫ったその時点での体質では大丈夫だったものの
数年経過して体質が変化し、症状が出てしまうこともあります。

 

アレルギーによる症状

アレルギーによる症状は様々ありますが、タトゥーインクによる
症状は皮膚の痒みや発疹、ケロイドなどが多いです。

 

アレルギー
※ヤフー画像より引用

 

アレルギー体質でなくとも施術の刺激による反応でこのような
症状が出ることもありますが、その場合は時間の経過と共に
沈静化されていきます。

 

しかしアレルギーの場合はそのアレルゲンが除去されるまで
体は症状を出し続けてしまいます。一旦落ち着いたとおもっても
また体調によって症状が再発したり悪化することも多々あります。

 

このようなアレルギー症状が出た場合、体にはもちろん負担ですが、
せっかく入れたタトゥーにもある変化が現れます。

 

 

それは模様のムラや滲みです。

 

 

体がタトゥーインクをアレルゲンとしているので、そのインクを体内から
排除しようと働きます。そのため染料が定着せず、皮膚に広がる
ように滲みでたりボヤけてしまったりするのです。

 

 

これではタトゥーもお洒落に見えません。

 

 

ファッションのつもりで入れたタトゥーが結果的にファッショナブルに
ならないどころか、耐え難い痒みと言うアレルギーとも付き合って
いくデメリットとなってしまいます。

 

試し入れも危険?

本格的にタトゥーを彫る前に、小さなデザインで様々な色のインクを
試しに入れてみることを勧める彫師さんがいますが要注意です!

 

 

タトゥーインクによるアレルギーの多くは使われるインクの色によって
発症が分類されます。特に赤や黄色など鮮やかなインクに多いため、
それらの色を使って小さなタトゥーで試す場合があります。

 

 

これは意味がありません!

 

 

先にも説明した通り、人間の体質は日々変化をしています。
今は何ともなくても5年後・10年後はアレルギーが発症する
可能性が大いにある訳です。

 

 

その時、アレルギー症状から解放されるためにはアレルゲンの
除去が必要です。体の解毒作用だけではタトゥーインクを
分解除去することは難しく、医療機関を頼るしかありません。

 

 

今のところタトゥーを彫るにあたり、法律的にインクの指定は
ありません。そのため体に対してどのような反応が起こるのか
誰も責任が持てません。持てるとしたら自分だけです。

 

 

タトゥーにはこのような危険性やデメリットがあることも理解して、
安易な気持ちで彫ることは考えないでください。


タトゥー除去TOPページ

タトゥーを入れたら海で・・・