タトゥー 消す 剥削法

剥削による除去法

剥削(はくさく)によるタトゥーの除去法は書いて名のとおり、
刺青の模様を剥がしながら削ることで消す方法です。

 

 

”シルバーナイフ”と呼ばれる刺青除去専用のナイフで、
慎重かつ丁寧に皮膚を削るタトゥー除去法です。

 

 

1日でも早くタトゥーを消したい場合など、刺青の除去に
時間をかけてられない時にも選択される手術です。
剥削法によるタトゥーの除去

剥削法のメリット

  • 治療時間と期間が短い
  • 治療の費用が安い
  • レーザーでは除去できない刺青にも適応可
  • 広範囲のタトゥーでも大丈夫

 

皮膚を直接削るのでレーザーでは反応しない明るい色の
墨でも除去することが可能です。また切除法を適応できない
広範囲な模様にも適応が可能です。

 

 

そして最大のメリットは治療の時間・期間・費用が他の
除去法と比較して短くて安いことです。とにかくタトゥーを
急いで確実に消す必要がある場合などに有効です。

 

剥削法のデメリット

  • ケロイドのような傷跡が残る
  • 傷の回復に時間が必要
  • 色白な人は傷跡が目立ってしまう
  • 感染症などのリスク

 

剥削法は今あるタトゥーを確実に消す代わりに、刺青部分を
傷跡に置き換えるための手術と考えてください。タトゥーの模様を
消して傷跡として誤魔化す感じです。

 

 

あなたの身体にタトゥーが入っていた過去を知らない人には
「事故でできた傷跡」と言って誤魔化すことも
可能です。

 

 

ある程度大きなタトゥーでも確実に消すことができる剥削法ですが、、
デメリットとして削り取った皮膚の炎症が落ち着くまでに時間がかかり、
その間は感染症には注意が必要です。

 

 

刺青やタトゥーのデザインやカラー、模様の大小に関わらず
適応範囲の広いタトゥー除去法ですが、この治療法は身体に
大きな負担を与えるため術後のケアがとても重要です。

 

 

手術後はひどく皮膚を擦りむいた状態になり、そこに傷口を
治すべく「浸出液」が分泌されズルズルした状態になります。

 

 

浸出液の分泌が落ち着いても当分は傷口が湿った状態が
続き、ガーゼも汚れやすいのでマメな交換が必要になります。
これを怠ると傷口の綺麗な回復を邪魔するので面倒がらず
ガーゼの交換はしっかりと行いましょう。

 

 

基本的には手術を受けたクリニックへ通院して消毒や
ガーゼ交換をしてもらうのが安全で確実です。傷口の
変化も確認してもらえるので適切な処置を受けることが
できて傷口も目立ちにくくなります。

 

専門医へ相談

就職試験や身体検査などの都合でとにかく早く
タトゥーを消したいと思っている場合は、剥削法を
得意としている専門医へ相談しましょう。

 

 

また手術後のケアや指導をしっかりと行ってくれる
先生やクリニックを探すことと、通院しやすい場所に
あることを合わせて選びましょう!

 

剥削法とレーザーを組合せて、より綺麗にそして
スピーディーにタトゥーや刺青の除去を行ってくれる
先生もおられます。

 

あなたの確実に消したいタトゥーに最も適した方法を提案し、
そしてアフターフォローまでしっかりと行ってくれる信頼
できるクリニックと専門医を選びが大切です。


レーザーによるタトゥー除去法

皮膚切除によるタトゥー除去法

皮膚移植によるタトゥー除去法

タトゥー除去費用の相場

タトゥーを消したいTOP